入会・機関誌購読のお申込み 入会・機関誌購読のお申込み

当会では,会員の募集を行っております。会員としてご入会いただかない場合でも,機関誌「旬刊商事法務」のみを購読することができます。

お申込み・お問い合わせ

旬刊 商事法務 No.2274(9月25日号)

※「旬刊商事法務」データベースをご利用いただける当会会員の皆様は、各論稿タイトル部分のリンクからデータベースの該当ページに移動いただくことができます。

 本データベースは、旬刊商事法務を創刊号~最新号まで閲覧できます。
 会員以外の皆様の「データベース無料トライアル」のお申込みはこちらから
 

大阪地裁における商事事件の概況

□谷村武則 大阪地方裁判所判事
 

アクティビスト株主対応の最新のスタンダード〔上〕

─変化する株主アクティビズムの動向を踏まえて─
□松下 憲 弁護士
 
■2021年コーポレートガバナンスの現在地(14)・(15・完)■

プラスの効果を目指すコンプライアンス体制の整備

□三笘 裕 弁護士
 

取締役会実効性評価

─評価に求められる形式から実質への深化─
□佃 秀昭 ボードアドバイザーズ 代表取締役社長
 

●アンケート実施のお知らせ●

 

平時の上場親子会社間取引の公正性確保に向けたガバナンス対応〔下〕

─東証一部上場子会社の実例を参考として─
□高見 柊 弁護士
□粟谷 翔 弁護士
 

東京地裁における商事事件等の概況〔下〕

□高橋浩美 東京地方裁判所判事
 

令和元年度・令和2年度会社法関係重要判例の分析〔Ⅲ〕

□髙橋陽一 京都大学准教授
 

取締役会の法務〔Ⅲ〕

─取締役会の運営(2)─
□小林章博 弁護士
 

カーブアウトM&Aの実務〔Ⅵ・完〕

─付随契約のポイント─
□殿村桂司 弁護士
□大沼 真 弁護士
□松本 渉 弁護士
 
■米国会社・証取法判例研究No.408■

投資会社法47条b項に基づく黙示の私的訴権が認められた事例

□清水真人 徳島大学准教授
 

■新商事判例便覧No.748■

 
 
 
 

■ニュース■

会計監査の在り方に関する懇談会(令和3事務年度)の第1回会議が開催される
第47回金融審議会総会・第35回金融分科会合同会合が開催される
東証、「会計基準の選択に関する基本的な考え方」の開示内容の分析を公表
グリー、freee、バーチャルオンリー総会の開催を予定
 
□スクランブル□

スピンオフを求める株主提案の可否と今後への影響

 

⇦9月15日号 10月5・15日号⇨

 

商事法務研究会へのご入会(データベースのお申し込み)、
「旬刊商事法務」のご購読のお申し込み、は下記フォームよりお願いします。

 

 当会ツイッターフォローはこちらから