民法(債権法)改正検討委員会

 

公開シンポジウム・講演会

 

関係学会・団体等へのリンク

 

新着情報

2020/01/22
旬刊 商事法務 No.2220 (1月25日号)
2020/01/20
(会員専用ページ)第7回会員定例解説会資料を掲載いたしました。会員専用ページからご利用ください。
2020/01/15
旬刊商事法務1月5日・15日合併号(2219号)の到着遅延について
2020/01/15
旬刊 商事法務 No.2219 (1月5・15日号)
2020/01/07
「アジア・ビジネスロー・フォーラム設立記念」の募集を開始いたしました(1月29日)
2019/12/20
2019年度第8回会員定例解説会-「会社法の一部を改正する法律」と「会社法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」についての募集を開始いたしました(2月17日)
2019/12/20
東京大学ビジネスロー・比較法政研究センター第60回比較法政シンポジウム
2019/12/19
旬刊 商事法務 No.2218 (12月25日号)
2019/12/13
(会員専用ページ)第5回会員定例解説会資料を掲載いたしました。会員専用ページからご利用ください。
2019/12/13
「企業と法務の共催フォーラム」の募集を開始いたしました(2月4日)
2019/12/12
旬刊 商事法務 No.2217 (12月15日号)
2019/12/04
(会員専用ページ)第6回会員定例解説会資料を掲載いたしました。会員専用ページからご利用ください。
2019/12/03
新春会員講演会のご案内をアップいたしました。
2019/12/02
旬刊 商事法務 No.2216 (12月5日号)-2019年版株主総会白書
2019/11/20
旬刊 商事法務 No.2215 (11月25日号)

新着情報一覧

セミナー情報 セミナー一覧へ

 競争法(competition law)とは,米国反トラスト法,EU競争法,日本独禁法などの総称ですが,この分野には,他の法分野とはかなり異なる発想・文化があります。例えば,他のほとんどの分野では,ルールが条文に盛り込まれ,「条文からスタート」などと言われますが,競争法では,条文の肝腎のところは抽象的であり,条文を読んでも何もわかりません。他方で,競争法の当局・実務家・研究者においては国際的な交流が活発なので,基本的な考え方においては,ある程度、共通化されています。専門家は,国際的に共通した枠組みで思考し,その結果を,国内で通用させるため便宜的に,国内法の条文に当てはめているのです。条文を読んでも何もわからないのは,そのためです。
 この「基本的な考え方」を中心に,講義します。そして,これを理解するための具体例として,日本独禁法のガイドラインや事例を中心に,時には米国やEUの素材も少し見るなどします。これにより,日本だけでなく外国の競争法を見る場合にも使える汎用的な枠組みを得ることを目指します。
 ※本連続セミナーは経営法友会との共催です。
開催日 〔第1回〕1月21日(火)17:00~19:00 〔第2回〕1月27日(月)17:00~19:00 〔第3回〕2月 3日(月)17:00~19:00 〔第4回〕2月10日(月)17:00~19:00 〔第5回〕2月17日(月)17:00~19:00 〔第6回〕3月 2日(月)17:00~19:00 (全6講 計12時間)
エリア 東京 会場 商事法務研究会 会議室(東京都中央区日本橋茅場町3-9-10)
定員 50名 種別 連続講座
講師 白石忠志(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
タイトル 開催日 エリア
【会員連続セミナー(全6回)】競争法・独禁法の基本的な考え方 2020/01/21 (火) 東京

セミナー一覧へ