視聴有効期限:2021年11月26日~12月6日

 

第7回 インサイダー・競争法・企業法務関連訴訟:虚偽記載、インサイダー等

第6回⇦   ⇨第8回
 

重要商事判例の判旨および実務への影響等について解説します(1事件当たり10分程度)。
裁判例ごとにチャプターを付していますので、どの裁判例からでも視聴いただけます。

●第7回で取り上げる裁判例 

➀ エフオーアイ有価証券届出書等虚偽記載事件(上告審判決) (最高裁令2・12・22判決)

② INPEX増資インサイダー取引事件(スタッツインベストメントマネジメント課徴金 納付命令取消請求事件) (東京高裁令2・6・25判決)

③ 日本海洋掘削株式等相場操縦事件(相場操縦違反行為と法人の違反者該当性) (東京高裁令2・7・10判決)

④ モルフォ業務提携インサイダー取引事件(課徴金納付命令取消請求事件) (東京地裁令3・1・26判決)

⑤ SMBC日興証券インサイダー取引執行役員損害賠償請求控訴事件(原審取消し) (東京高裁令3・3・25判決)

 

 

●配布資料

近時の重要商事判例一覧【どなたでもダウンロードいただけます】
「新商事判例便覧」解説裁判例抜粋版【旬刊商事法務読者限定】

 

※②のダウンロード用PWは旬刊商事法務2275号(10月5・15日合併号)3ページの「会員・読者解説会のご案内」に掲載しています。