入会・機関誌購読のお申込み 入会・機関誌購読のお申込み

当会では,会員の募集を行っております。会員としてご入会いただかない場合でも,機関誌「旬刊商事法務」のみを購読することができます。

お申込み・お問い合わせ

旬刊 商事法務 No.2232 (6月5日号)

■第60回東京大学比較法政シンポジウム■

上場会社を取り巻くガバナンス法制等の最新動向と先端実務
─日本企業の国際競争力強化に向けて─

Ⅰ スチュワードシップ・コード再改訂版とガバナンスをめぐる昨今のグローバルな動向

 □神作裕之 東京大学教授

 
令和元年会社法改正の意義(3)■

令和元年会社法改正と取締役の報酬等規制

久保田安彦 慶應義塾大学教授

 <実務家コメント>取締役の報酬等に関する会社法改正

 □柴田寛子 弁護士・ニューヨーク州弁護士

 
■令和元年改正会社法の実務対応(3)■

取締役の報酬等に関する改正

髙木弘明 弁護士

□辰巳 郁 弁護士

 

アベノミクス下の企業統治改革─2つのコードは何をもたらしたのか

第5回 企業統治改革と企業行動〔中〕

――経営者のマインドセットを変えることができたのか――

□宮島英昭 早稲田大学教授
□齋藤卓爾 慶應義塾大学准教授
 
■日本登記法学会第4回研究大会報告■
会社法改正と商業登記

I 登記情報の公開のあり方

─代表取締役の住所登記を素材として─
鈴木龍介 司法書士

Ⅱ 会社情報の開示のあり方と商業登記

─新株予約権に関する登記事項についての会社法改正を素材として─
伊藤雄司 上智大学教授
 
■トピック■

日本IR協議会、「IR活動の実態調査」結果を公表

 
■機関投資家に聞く(6)

三井住友DSアセットマネジメント

 
■実務問答会社法 第43回

監査役等と内部監査部門の連携

内田修平 弁護士
 

◆ニュース◆

定時株主総会に関連する官公庁等の動向(5月12日〜5月29日)
経産省、CGS研究会(第2期)を再開
経産省、「事業再編研究会」の第6回会議を開催
第201回国会法律成立状況(5月)
2020年4月定時株主総会の概況
 
◆スクランブル◆
5月総会から占う6月総会
 
 
商事法務研究会へのご入会(データベースのお申し込み)、
「旬刊商事法務」のご購読のお申し込み、は下記フォームよりお願いします