本文へジャンプ
旬刊「商事法務」(月3回発行)の主要記事
目次一覧に戻る
8月5・15日号(No.1840号)

座談会■
金融商品取引法の改正
―金融・資本市場の競争力強化に向けて―
□黒沼悦郎・早稲田大学教授
□池田唯一・金融庁総務企画局市場課長
□静 正樹・東京証券取引所執行役員
□石塚洋之・弁護士


改正金融商品取引法の解説(4・完)■
課徴金制度の見直し
□大来志郎・前金融庁総務企画局市場課課長補佐
□鈴木謙輔・金融庁総務企画局市場課専門官


西武鉄道事件判決の検討〔下〕
―東京地判平成20年4月24日―
□黒沼悦郎・早稲田大学教授

平成19年度会社法関係重要判例の分析〔下〕
□小出 篤・学習院大学准教授

平成19年度における独占禁止法第4章関係届出等の動向・主要な企業結合事例
□唐澤 斉・前公正取引委員会経済取引局企業結合課総括係長

ヘッジファンド・アクティビズムの新潮流〔上〕
―ウルフパック戦術(群狼戦術)と金融商品取引法―
□武井一浩・弁護士

公開買付けの実務(1)■
強制公開買付けの概要および基本概念の整理
□井上広樹・弁護士
□石塚洋之・弁護士
□眞武慶彦・弁護士


インサイダー取引規制における実務上の諸問題(1)■
規制の概要と法166条の成立要件〔上〕
□木目田 裕・弁護士
□山田将之・弁護士


インサイダー取引防止のための協働的アプローチ
―米国の近時のエンフォースメントからの示唆―
□弦巻充樹・弁護士

会社法・金商法の実務質疑応答(11)■
種類株式の金銭による取得と法的問題点
□郡谷大輔・弁護士
□石ア泰哲・弁護士


商事法判例研究 No.505
国際海上物品運送法13条と船主責任制限法に基づく責任制限手続の関係
□洲崎博史・京都大学教授

●NEWS●

□最高裁,旧長銀の粉飾決算・違法配当事件で元頭取と副頭取2名に無罪判決
□千葉地裁松戸支部,昭和ゴムの新株発行差止仮処分命令申立事件で申立てを却下する決定
□証券取引等監視委員会,サンエー・インターナショナル社長のインサイダー取引で課徴金納付命令を勧告
□企業内容等の開示に関する内閣府令等の一部を改正する内閣府令が公布される
□東証,成長企業向けの新市場創設の試案について意見照会

◇スクランブル◇

プロ向け市場の創設




   目次一覧に戻る